リクライニングチェア HUG HAPPY ハグラウンジチェアJARAPA HUG HAPPY


PRODUCT MENU
CHAIR/椅子
・HUG LOUNGE CHAIR
・HUG Easy Chair
・キッズチェアenfa MINI
・KOMFORTAハンモック
SHELF/棚
・NEW CROSS SHELF
・アイアン&チークシェルフ
RUG/ラグマット
・スペインラグ JARAPA
(ハラパラグ)
・COY RUG
・手織り&輸入ラグ
・ペーパーコードラグ
・パッチワークレザーラグ
Wall Sticker/壁紙
・INKEの壁紙
LIGHTING/照明
・Lighting/照明
CLOCK/時計
・WALL CLOCK
INTERIOR GOODS
・Sneaker wall
(スニーカーウォール)
・JARAPA 玄関マット
(ハラパのミニサイズ)
・studio ROOF
・アイアン&チーク雑貨
・スチールキャンバス
・LUCKYBOYSUNDAY
・global affairs
・ウォールハンガーフック
CART/キャリーカート
・VersaCart
KIDS/BABY/キッズ
・キッズチェアenfa MINI
・fagus
・studio ROOF
・LIKE a BIKE
・INKEの壁紙
・Sirch Sibi
・LUCKYBOYSUNDAY
・global affairs
PICK UP
ハグラウンジチェア
ハグイージーチェア
enfaMINI
NEWクロスシェルフ
スニーカーウォール
komforta
JARAPAラグ
コイラグ
LINIE DESIGN
MERIDA ペーパーコードラグ
アイアンチーク
スチールキャンバスバスケット
照明
掛時計
バーサカート
fagus ファーグス
luckyboysunday
ライクアバイク
studio roof
inke インケ
グローバルアフェアーズ
サーチシビ
セール
CONTENT
・TOP > ウォールコートハンガーフック

ハラパJARAPA ラグマット通販 リサイクルラグマット

チーク&アイアンダブルフックのウォールコートハンガー

チークは東南アジア原産といわれる高級南洋材で、耐久性・耐水性もあり家具のほか船舶や建築材などに広く使用されている 世界三大銘木の一つに数えられる高級木材です。

材質は堅く強靭で耐久性があり、病害虫にも強い。
天然の油成分があって、オイルやニスで手入れしなくても耐久性があります。
使い込むことで変化する個性的な表情をお楽しみいただけます。傷が付いてもいい味となって何十年もお使いいただけます。

飴色になったチークはアンティーク加工ではない本物の深みがあり、とても味のあるウォールフックです。

ボート古材

ボート古材とは、実際にインドネシアで船やボートのボディに使われていた材です。
使われなくなった船やボートを解体し、板材にしてあります。
水の上で使われた強靭な木材は使用によるキズや経年変化でとてもいい味がでております。
ターコイズ色のペイント残りもいい雰囲気を出しております。
今世界的にも大変人気のある古材です。

深い色味で素材そのままの価値を生かし、若干荒めの仕上げで雰囲気のよいウォールハンガーです。

ブラックウォルナットとホワイトオークの無垢材

贅沢に無垢のウォールナットとホワイトオーク一枚板を使用したウォールコートハンガーです。

世界三大銘木に数えられるウォールナットは高級感のある色調と木目を持つ人気の家具材です。
塗装をしなくても表面がウォールナット特有の艶のある美しい濃い茶色が美しい木です。上質な木材は何十年と経年変化を楽しむ事ができます。

オークの日本名は楢(ナラ)です。
材質は緻密で重硬、美しい木目が特徴です。木目とは違う斑と言われる帯状の紋様が入る部分があるのもオーク材の特徴です。

木材は若干角を落した程度で、シンプルに製作いたしました。
使い込むことで変化する個性的な表情をお楽しみいただけます。傷が付いてもいい味となって何十年もお使いいただけます。
表面仕上げはドイツ「リボス社」の天然オイルで一枚一枚二度仕上げで丁寧に仕上げております。

雰囲気や味わいのあるウォールハンガー

設置場所は玄関だけでなく、リビングや寝室、子ども部屋など、お部屋にも合うウォールハンガーです。

フックはアイアンダブルフックを使用。
そのまま上のフックにコートや上着、帽子やバッグを掛けられます。下のフックはハンガーを掛けるのに便利です。

設置には、取り付けねじと石膏ボードアンカーを付属してますので、しっかりと強度を持った取付けが可能です。

無垢材を使用した雰囲気のあるウォールフックコートハンガーはインテリアとしても価値ある物となります。

ウォールコートハンガーフック 一覧                 

このページのトップへ